電線まで大きくなった樹木の対処について

電線の近くに大きな樹木が生育していると、樹木が倒木した時や枝が電線を圧迫した場合などに、電線を切断してしまう可能性があります。
 
ただ、基本的なルールを押さえて、適切な対処をすれば、トラブルを回避できます。
※ アメリカで提唱されている ” Utility Pruning ” という剪定方法でも以下のような考え方でした。
参考文献:Utility Pruning of Trees
https://www.summerfieldbooks.com/bmp-best-management-practices:-utility-pruning-of-trees~4778

 

 

自然災害による倒木被害はお客様の負担とはならない

 
山林を所有している方の事例です。電線付近に生育している大木が、今後も倒木しないとは確信できず、「地主は伐採するべきか?」、「万が一倒木した場合の責任問題は?」という相談をいただきました。
 
私は東京電力、町役場、県庁へ相談することをすすめたところ、台風で大木が倒れた場合、電線の復旧は東京電力があたり、道路の復旧は町役場があたるとのことでした。
 
このような結果から、山林所有者は樹木を無理に伐採する必要がなくなったとのことです。
 
 

できる対策は適切に

 
街路樹では、枝が電線に接触しているものもありますが、とくに問題となっていないこともあります。それは、適切な対処を施しているからです。
 
ただ、確実に切れないという保証はありませんし、大きく生育した樹木が何らかの原因で倒木した場合は、電線が切れる可能性もあります。
 
仮に電線が切れた場合、それが人的作用ではなく、台風や樹木の生育過程などの自然現象が原因であるならば、東京電力の方で自然災害として取り扱い、補償はしてもらえます。
 
ただし、事前に何の対策も講じていなければ、有償となる場合もあるようです。樹木の生育状況を確認したうえで、事前に対策を行いましょう。
 
 

主な対策

 
① 電線に接触しないように枝ぶりを整える
毎年電線に枝が接触しているかどうかを確認し、その都度、剪定工の必要性を検討・相談してください。
 
② 耐摩耗性に優れた電線カバーを設ける
東京電力へ問い合わせたところ、電線カバーを無償で取り付けてくれるケースもあるようです。
 
③ 太い枯枝の発生や倒木の危険性(根元にキノコが発生したなど)の有無を年に1回以上確認する
太い枯枝は落下したときに危険を及ぼすことがあります。樹木が倒木した場合も同様です。定期的に確認しましょう。
 
 
お気軽にご相談を!
 
身近にある樹木が大きくなってしまったら、一人で悩まずに、専門家へ相談してください。適切なアドバイスをもとに、よりよい解決策を考えていきましょう。