美しさが持続する剪定手法

せっかく造った美しい庭を永く楽しむためには剪定が必要です。
ただ、枝を切り過ぎては樹形が乱れて樹木が弱ります。
ほったらかしでは住宅に支障を与えて枝折などの危険も高くなります。
庭木の魅力を引き出すためには、樹木の特性を活かすことが大切です。
庭木の「良い所」を考えて剪定すると、私たちも樹木も豊かになっていきます。
 
美しい自然樹形、柔らかい木もれ日のある空間、若葉の鮮やかさなどを永く楽しみたい方
庭木を健やかに育てたい方
近隣の方々にも庭木を見て楽しんでもらいたいと想う方
そして最も大切なことは近隣の方々の安全や快適さを守ること
そんな想いに応える剪定手法です。

特 長

特定の枝を選択して、その枝の優性さを保持します。
その上で、枝ぶりに欠陥のある所を改善していくと、
安定した樹形が持続し剪定の必要性は
少なくなっていきます。
 
その結果、生み出される利点は、
 
木もれ日の入る美しい自然樹形が永く楽しめ、
樹体内に陽が入るので、
枯枝の発生はとても少なくなります。
 
風通しのよい樹形になり、
程よい見通しのよさと目隠しの効果が生まれます。
 
1m以上も伸びる徒長枝は見当たらず、
枝葉の伸長は緩やかです。
そのため、剪定後1年間はお隣りへ越境する枝葉が
とても少なくなります。
 
樹木の特長である「温度湿度調整機能」は
住み心地のよさが実感できるほど効果があるようです。
また「防音機能」や「防塵機能」も高まるでしょう。
 
最も心配なことである、
台風での倒木や大枝の折損事故は少なくなり、
安全な緑地空間を保てます。
 
これらの利点から、
庭木が大きくなり過ぎる憂鬱さがなくなり、
庭木の成長を見守る心地よさ、
庭を育む想いが高まっていきます。

シマトネリコ

アオハダ

よく見る剪定手法では

せっかく剪定を頼んだのだから、
できるだけ庭木を小さく剪定してもらいたいと
つい考えていませんか。
しかし、枝葉を切り取る量が多くなると、
樹木の枝葉を取り戻そうとする反応が大きくなり、
剪定をした1年後には1m以上も伸びる「徒長枝」の発生や
枝のあらゆる所から「枝葉の発芽」が目立つようになります。
 
手間をかけて小さく剪定しても、枝葉が通路を妨げたり、
お隣りへ伸びて迷惑をかけたり、乱れた樹形になったり、
という結果につながってしまうのです。
 
枝葉を大きく伸ばさなくなると、樹木が弱っている可能性があり、
病虫害の発生や倒木の危険性が高まります。

シラカシ剪定後
よく見る剪定
シラカシ剪定1年後
剪定した1年後
レッドロビン生垣剪定後
刈込剪定
レッドロビン生垣剪定1年後
剪定した1年後

私たちの剪定手法では

樹木毎の特性や役割を考えて枝を切り取っているため、
剪定した1年後の樹形はとても良好です。
そして、病虫害の発生は比較的少ない結果となっています。
 
下の画像は、ハナミズキ、ヤエヒガンザクラ、レッドロビン生垣の
剪定例です。
不要枝の発生が少なく、生垣では道路への徒長枝がほぼないことが
よくわかります。

ハナミズキ剪定後
私たちの剪定
ハナミズキ剪定1年後
剪定した1年後
ヤエヒガンザクラ剪定後
私たちの剪定
ヤエヒガンザクラ剪定1年後
剪定した1年後
レッドロビン生垣剪定後
生垣の剪定(南側)
レッドロビン生垣剪定1年後
剪定した1年後
レッドロビン生垣剪定後
生垣の剪定(東側)
レッドロビン生垣剪定1年後
剪定した1年後

この剪定手法では、
生活空間への支障となるほど大きく伸びた枝葉を切り返し剪定すること、
薄暗い鬱蒼とした空間を改善するために透かし剪定をすること、
樹木にとって多くの機能が備わっている主枝の先端を保持して
樹木の生育を保護すること、などを行っています。

その結果、庭木は写真のように美しい自然樹形を保てました。
この理由は以下のことが考えられます。
1.剪定は必要な所のみにしたため、剪定強度が低くなったこと
2.樹木にとって大切な機能が備わっている「主枝の枝先」や「若葉」を
  適度に残したこと
3.樹液の流動を確保するために、枝は分岐点で切り取ったこと
※ 以前に大きさを縮小させる剪定や刈込剪定が行われた樹木の場合は、
 写真のような結果がでるまでに数年間の剪定が必要になることがあります。

アメリカで研究されている剪定方法

アメリカでは樹木剪定についての研究成果が多くあり、
その優れた研究者の一人であるEdward F.Gilman博士は、
書籍「An Illustrated Guide to pruning」で以下のことを言っています。
 
○ 剪定では幹の優勢さを保ち骨格となる枝を従属させること。
 この剪定方法は、大枝の折損事故を未然に防ぐことができ、
 その上、樹木の健全性の保護、生活空間の確保、
 美しい自然樹形の持続などの効果があり、
 剪定工費の安定化または低減に実用的である。
 
◆ 樹形を丸く刈り込んだり樹高を切り下げたりする剪定は、
 急速に新しい成長を誘発し、生活空間に支障を及ぼすことがある。
 さらに樹勢や病害虫への抵抗力は弱まるため、
 今では実践すべきではないと考えられている。
 毎年大きさを制御する剪定(上記に示した「よく見る剪定手法」)は、
 樹種によっては効果的であるが、
 剪定作業の必要頻度とそれに伴う費用を考えると実用的ではない。
 
この書籍はアマゾンサイトで販売されています。
https://www.amazon.co.jp/Illustrated-Guide-Pruning-Edward-・・・

日本では私たちの剪定手法はまだまだ未知な事で
毎年大きさを制御する剪定手法が好まれますが、
アメリカでは数年前から樹木の特性を考慮した剪定手法が
提唱されているようです。

庭木を程よい大きさで維持したい方は

庭木の大きさが植栽された空間に相応しくないほど成長した際は、
頂芽をなるべく残しつつ主幹(主枝)と従幹(従枝)を
切り替える剪定を計画的に行っています。
 
ただ、最も大切なことは、庭木を植栽する際に
広さやその他の条件に合った樹種を選んで植えることです。
街なかにある庭木を眺めていると、
コブシやシラカシなど潜在的にとても大きくなり、
そして成長の旺盛な樹種が高さ5m程度と
小さく管理されているのを目にします。
庭木の高さが気になる場合は、
低木や小高木、高木ではヤマボウシやアオハダなど特定の樹種
を選んで植栽することをお勧めいたします。
これらの樹種は剪定方法によっては剪定する必要性が少なくなるので、
自然樹形の美しさ、枝ぶりの柔らかさを永く保つことができ、
剪定管理費の予算を小さくすることにつながります。

今ある庭木を植え替えることになっても、
十数年間の毎年支払う高い剪定管理費を考えれば、
庭木を植え替える方が安くなる場合もあります。