健やかに育てる剪定方法

庭木や街なかにある樹木は剪定をする必要があります。
枝葉を伸ばし放題にすると、通路や道路を妨げたり、
建物を傷付けたり、視界を遮ったり、
枝ぶりの欠陥から折損事故を起こす可能性があるからです。
 
弊社が推奨する剪定方法は、
特定の枝を選択して、その枝の優性さを保持します。
その上で、枝ぶりに欠陥のある所を改善していくと、
台風でも枝折れせずに美しい自然樹形が持続して
剪定の必要性は少なくなっていきます。
 
その結果、生み出される利点は、
 
木もれ日の入る美しい自然樹形が永く楽しめ、
花は良く咲き、枯枝の発生はとても少なくなります。
 
剪定による樹木への負担が小さくなるので、
病害虫の発生は少なくなり、
樹木の寿命は長くなります。
大切な記念樹や価値の高い老木を
健やかに末永く育てることに適しています。
 
1m以上も伸びる徒長枝は見当たらず、
枝葉の伸長は緩やかです。
そのため、剪定後1年間はお隣りへ越境する枝葉が
なくなります。
 
樹木の特長である「温度湿度調整機能」は
住み心地のよさが実感できるほど効果があるようです。
「台風等の暴風を防ぐ機能」や
「騒音を緩和する機能」、
「大気中のホコリや砂を吸着する機能」も高まります。
 
最も心配なことである、
台風での倒木や大枝の折損事故は少なくなり、
安全な緑地空間を保てます。
 
これらの利点から、
身近に自然の恩恵を感じることができる生活が送れます。

シマトネリコ

 
 
 
アオハダの剪定

個人邸の庭園では敷地スペースに制限があり、また近隣との関係性もあるので、住宅地でのバランスが保たれるように、縮小させる方が望ましい樹木、主幹の優勢性を保つ方が望ましい樹木を提案させていただきます。

マンション緑地
雑木の庭園
生垣の剪定
都市部での剪定
アカシデ剪定

よく見る剪定手法では

日本では樹木全体を小さくさせる縮小剪定が一般的です。
縮小剪定の良さは、
 落葉の減少
 日照阻害の改善
 折損・倒木事故が起きた時の被害軽減
などがあります。
 
縮小剪定は日本の伝統技術である盆栽のように頻繁に剪定すれば、よい樹形や健康を保つことができますが、手間や予算を考えると実用的ではありません。
現実的には年に1回や数年に1回程度の剪定頻度が多く、剪定の度にバッサリと枝葉を切り落とすことになります。
 
そうすることによって樹木へは、
 枝の成長速度が促進されること
 または逆に強く切り過ぎて衰退させてしまうこと
 大きな切口が腐朽し始め全体へ拡がること
などの影響がでてきます。
 
その結果、
 枝葉の越境や通路阻害が目立ち
 樹木の健康が損なわれて
 病虫害の発生
 倒木や急な枯損
を引き起こすことがあります。
 
剪定してもそれ以上伸びる枝葉を見て、管理費用を負担に感じるようになるかもしれません。

シラカシ剪定後
よく見る剪定
シラカシ剪定1年後
剪定した1年後
レッドロビン生垣剪定後
刈込剪定
レッドロビン生垣剪定1年後
剪定した1年後

私たちの剪定手法では

縮小剪定の問題点を解決したのが、アメリカで研究された剪定方法『Structural Pruning』です。
 
Structural Pruningとは、樹幹(芯)の優勢性を保持して枝葉の成長をコントロールする剪定方法です。
樹体構造の欠陥部分を修復して、強風での折損や倒木事故を未然に防止することができます。
そして、樹木の成長特性を考慮することで、越境枝や通路阻害枝などが減り、美しい自然樹形が持続します。
樹木の健康にもよい効果があります。

ハナミズキ剪定後
私たちの剪定
ハナミズキ剪定1年後
剪定した1年後
ヤエヒガンザクラ剪定後
私たちの剪定
ヤエヒガンザクラ剪定1年後
剪定した1年後
レッドロビン生垣剪定後
生垣の剪定(南側)
レッドロビン生垣剪定1年後
剪定した1年後
レッドロビン生垣剪定後
生垣の剪定(東側)
レッドロビン生垣剪定1年後
剪定した1年後

上記の写真を見ると、剪定を行う必要はないと思われるかもしれません。
 
しかし、剪定を行わないと
樹木の枝葉が住宅や通路に支障を及ぼし、
近隣への越境枝が目立つようになります。
そして、樹木が成長していくに従って枝ぶりには欠陥が生じ、
太い枝が台風などの強風で折れ、大きな事故になることがあります。
 
欠陥を修正する剪定、支障枝の剪定は必要になります。
ただ、このような剪定を必要とする頻度が少なくなるため、
将来的に剪定工費の縮減が期待できます。

庭木を程よい大きさで維持したい方は

狭小面積の緑地で大きく成長し過ぎる樹種(イチョウ、クスノキなど)は、縮小剪定が好まれます。その場合は、頂芽をなるべく残し、枝の分岐点で切りながら、主幹(主枝)と従幹(従枝)を切り替えて樹木の大きさを縮小させることを計画的に行っています。
このように剪定することで、次年の剪定まで比較的美しい樹形を保つことができます。
 
あまりにも大きくなり、毎年の手入れが負担になっている場合は、敷地面積やその他の条件に合った樹種を選んで植え替えること、もしくは伐採することで将来的な支出を抑えることがよろしいかと思います。

アメリカで研究されている剪定方法

アメリカでは樹木剪定についての研究成果が多くあり、
その研究者の一人であるEdward F.Gilman博士は、
書籍「An Illustrated Guide to pruning」で以下のことを言っています。
 
○ 剪定では幹の優勢さを保ち骨格となる枝を従属させること。
 この剪定方法は、大枝の折損事故を未然に防ぐことができ、
 その上、樹木の健全性の保護、生活空間の確保、
 美しい自然樹形の持続などの効果があり、
 剪定工費の安定化または低減に実用的である。
 
◆ 樹形を丸く刈り込んだり樹高を過度に切り下げたりする剪定(ぶつ切り)は、
 急速に新しい成長を誘発し、生活空間に支障を及ぼすことがある。
 さらに樹勢や病害虫への抵抗力は弱まるため、
 今では実践すべきではないと考えられている。
 毎年大きさを制御する剪定(上記に示した「よく見る剪定手法」)は、
 樹種によっては効果的であるが、
 剪定作業の必要頻度とそれに伴う費用を考えると実用的ではない。
 
この書籍はアマゾンサイトで販売されています。
https://www.amazon.co.jp/Illustrated-Guide-Pruning-Edward-・・・

弊社では、アメリカで研究されている"Structural Pruning"を参考にして、庭木の大枝が折れないように、倒木しないように、枝ぶりの欠陥を改善する剪定を行っています。
枝ぶりの欠陥とは、入り皮、幹から生じる車枝、幹と枝の直径比が50%以上の叉、などのことです。