樹木の大きさを縮小させるより良い剪定方法

庭の樹木が枝葉を広げ、のびのびと成長する様子を楽しみながら過ごすことは、とても気持ちの良いものだと思います。
しかし、年を経て敷地に対して大きく成長し過ぎてしまい、枝が伸びる場所がなかったり、隣地へ大きくはみ出してしまうなど、様々な不安が出てくる場合は、樹木の大きさを縮小させる剪定をすることも必要になってきます。

樹木の大きさを縮小させるときは、できるだけ枝先を残すこと、葉を多く残すことが大切です。
これは、樹形が乱れる影響や病虫害への抵抗力低下を小さくするためです。


モチノキ

縮小剪定の事例です。

 
ヤマボウシ

ヤマボウシの大きさを縮小させています。

 
 
 
大きさを極端に縮小させたい場合でも、弊社では枝先と葉をなるべく残すように剪定しています。
 

カツラ

極端に縮小させる剪定




樹木の成長を遅くさせたい場合は、一般的に枝先を全て切り取る、あるいは葉がほぼ無くなる程に切り取る剪定方法を行いますが、その場合は根の多くが腐朽・枯死したり幹が空洞化するために樹木はとても衰弱してしまいます。
 
縮小剪定は葉を多く切り取る必要性が生じるため、樹木へ様々な負担を強いることになりますが、私たちはそれでもなるべく葉を残すように剪定することで樹姿の美しさや樹木があることのメリットを高めるようにしています。

ケヤキ

剪定後は葉(芽)がほぼ無くなっている

樹木の大きさを毎年縮小させる目的として
1. 落葉を減らすことができる
2. 直射日光が当たるようになる
3. 大枝が折れたり倒木した際でも被害範囲が軽減される
4. 剪定作業時は危険度が軽減される
などがあります。

樹木の管理者や庭園の持ち主の方々が安心される剪定方法を選ぶことが一番よろしいかと思います。

樹木の本数が多すぎる庭園や緑地では、本数を減らして1本1本をのびのびと育てられるように改善したり、樹木の特性を考えて剪定するStructural Pruningという剪定方法もあります。
お客様の考えを尊重しながら、一番良い剪定方法をご提案しています。